はなはなの物語

すくすくと育っております。「はなはなのはなし」シーズン2です。

夫M(教材編集者)・妻A(社会保険労務士)・はな(うさぎ、ホーランドロップの女の子)です。

思い出の扉

こんにちは。
2年前の今日、3月24日は
『昨日(3月23日)この世にはなが帰って来た!』
(または今日(3月24日)かも)
という考えが突然降って来た日で。

この思いつき?なのかひらめき?なのか予言?がなければ
弟ネコ(2019年3月23日生まれ)を迎えることはなかったので
わたしにとって3月24日は感慨深い日なのです。
・・・
tobira1
ケージのはなたんです。なんとかわいいことか…
tobira2
小窓からちょこんと。このかわいさ…なつかしい…
会いたいなあ~…

はなはサークル遊び時間以外は、ずっとケージで過ごしていたので
(もちろん、それははなにとって一番良いと思ってのことでした)
はなを見るのも話しかけるのもケージの扉越しが多かった。
そしてこの扉を開けると、
はなは元気よく飛び出してサークルで遊んでいました。

そう、だからこの扉はとても思い出深いものです。

はなのケージは解体して、大部分とは”さようなら”したのですが
この扉は今も
sukima1
ここにあります。

ここはわたしとMさんのデスクの間に設置したスキマ。
弟ネコを迎えるとき、ルーターやモデムなどコードがごちゃついているものをかじられないようにと
スキマを作って仕切り、中に置くことにしたのです。
で、その仕切り板をどうするか考えて…スキマの掃除も考えて…

そうだ!はなのケージの表側には小窓がたくさんついている!とひらめきました。
あの頃は、弟ネコを迎える準備をするために
はなのケージは折りたたんでいたものの、
まだ手元に大切に保管してあったのです。

そして今も、ケージの1面、表側はわたしの足元で役立ってくれています。
sukima2
ほら!こうして小窓を開ければスキマ掃除もラクラクなのです!
…ちなみにこの扉は
上の写真ではなが顔を出していた窓ではなくて
oshaberi
(これは生後8ヵ月頃のはな。ちっちゃい!!)
ロフト前についている小窓です(はなの向かって左側についている)

…わたしのデスクの下には
はながサークルで遊んでいるときに使っていた吸着マットを敷いているし
デスク一帯は今もはなの思い出であふれていますよ!

そしてMさんのデスク側の仕切りははなのケージの下網です。
はなが旅立ったときに使っていたものです…。
人によって考え方は異なるかもしれませんが
わたし達はこれを手放すことはできず、手元に置いておく方法としてこうすることにしたのでした。

そして弟ネコの
hana
ライト君。
リアルぬいぐるみのはなに諭されているようす(^^
普段はもっとかわいい顔で過ごしてます。

わたしにはとても優しい、
撫でてもらいたがりで抱っこ好きな甘えん坊ネコになりました。
Mさんのことはライバルか遊び相手と思っているらしく
噛むこともたびたび、抱っこもあまりさせてくれないようですが…
それでもMさんはライトが大好きです。

こんな風に
ネコとも仲良く毎日過ごしている今日この頃です。

…あ、タイトルは「思い出を開ける扉」ではなくて
本当の「扉」のこと、でした…。

(A)

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村


ホーランドロップランキング



あれから2年。はなの命日

今日、1月13日ははなの命日です。
brokenhouse1
(「ねえちょっと、Aさん!なんかこれおかしいよ!」と訴えるはな
これは…最初のハウスの底が抜けてしまったときのです)

あれから2年経ちました。
仏教でいえば3回忌になるのですよね。

はなに手向けるお花をずっと買っていた花屋さんは
コロナ禍もあってか、昨年春すぎに閉店してしまいました。
なので、別の花屋さんで、ラナンキュラスの鉢植えを買ってみました。
20210113
あの頃、このラナンキュラスのコロンとした姿にはなを思い出して
何度もこの花を買っていましたっけ。


今日の東京はよく晴れて穏やかで
あの当日より、翌日のこと、はなを空へ見送った葬儀の日のこと、
葬儀場で見た光景を思い出していました。

昨年の今日は、はなが逝ってしまう当日のことばかり思い出してしまって、
泣けて泣けてしかたなかった。

今日は…
はなを想うことには変わりないけれど
涙は少なめに、しみじみと思い出すことができています。
これも弟ネコがいてくれて、仲良しになれたからかなと思います。
yorugohan1
これは少し前の写真ですが。
はなのリアルぬいぐるみを手元に置いているのですが
弟ネコはその後ろにごはん待ちで行儀よく並んでいます(^^
yorugohan3
「なあ、この列、全然進まないんだけど?!」と時々目で訴えています(^^
弟ネコは優しい子になりました。

・・・
これまで書けずにいましたが…
1月13日はわたし(A)の誕生日でもあります。

はなが逝ってしまったとき、
はなを喪った悲しさと苦しさに加えて、
なぜこの日なのか、その理由はあるのか
それはなんだろうかとずいぶん苦しい思いをしました。

だけど今はこう思うことにしています。
はなはわたしと縁を結んでくれたんだと、それだけ深い縁だったんだと。
そう思うことにしました。

・・・
この1年は、
誰にとっても、あまりにも変化がありすぎる一年でしたね…。

昨年・おととしの1月の3連休は成人式があって
晴れ着の子たちとすれ違いながらはなを想っていましたが
今年はわたしたちの住む自治体でも直前で中止になってしまいました。

わたしたち自身では。
昨年12月にはMさんのお父さんが他界しました。
コロナ感染拡大があって、ずっと会いに行くことができないままでした。
お別れが来るなんて、まったく思っていなかったから…
葬儀には行けましたが、
この3連休にあった法要には緊急事態宣言が出たこともあって
参列できないままとなりました。

以前の日常なら、こんなことにはならなかった。
失われて初めて、行きたいときに行きたいところへ行くことができるありがたさに気づきます。

はなと別れたときにも思ったのだった、
明日は今日と同じじゃないのだと。

大切なことなのに、
時が経つと忘れてしまいますね。
はなの命日に改めて思い出せてよかった。

これからも
はなの命日に寄せて、大切なことを思い出していこう。
brokenhouse2
「大丈夫っ!ほら、気をつければちゃんと出られるよ!」
と、このときのはなはハードル走のように飛び越えて
壊れたボックスから飛び出てきましたっけ。

そうだねはなたん。
変化をしっかりと見極めて、できることをすること、
対応していくことは大事だね。
・・・
はながいなくなった後でさえ、
はなにはこうしていろんなことを教えてもらっています。

(A)


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村


ホーランドロップランキング


8回目の誕生日

12月15日ははなの誕生日です。
お空で8回目のお誕生日。

はなたん、お誕生日おめでとう。
生まれてきてくれて、
6歳まで一緒にいてくれてありがとう。

こころの中で、お礼を伝えましょう!


3年前の誕生日には
8歳の誕生日を一緒にお祝いできるのは当然、
なんなら10歳くらいまではいけるでしょ!と思っていて、

2年前の誕生日には
なんとか元気になってもらって、1年でも長く一緒にいたいと思っていましたね…

bokusou
わたし(A)の足に
両手をのせて、牧草もぐもぐのはなたん!
かわいい!
なんてかわいい!!

うさぎに踏まれると、嬉しくてホワホワ~な気持ちになりますよね~…
写真見ているだけで感触を思い出してホワホワしてきます。

また乗ってほしいなあ…

(A)


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村


ホーランドロップランキング


ギャラリー
  • 思い出の扉
  • 思い出の扉
  • 思い出の扉
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ